右手に娯楽 左手も娯楽

思う存分に完結済みの漫画を読んで自由に感想を投稿するブログ。

漫画『寄生獣』全10巻(完全版は全8巻)を一気読みした感想

漫画『寄生獣』は謎の寄生生物と共生することになった主人公を描くSF漫画。

面白かった。名作は伊達じゃない。読みごたえ十二分。

 

寄生生物が主人公に脳に寄生しようとして失敗して右腕に寄生、しょうがないから共生開始、右腕に寄生したから『ミギー』と安易な名前をつけたり、身を守るために共に戦ったりしつつ、主人公に寄生した寄生生物ミギーは寄生生物として、主人公は人間として成長していく。う~ん実に良かった。

 

他の寄生生物も惹かれる言動を選択することが多くて楽しませてくれた。生存本能に従っていたり、好戦的で肉体の性能を確かめていたり、単純に主人公を敵だと認識して襲ってきたり、知性的でいち早く人間社会に溶けこもうとしたり、好奇心から子供を育ててみたり、本当に気になることばかりする。産休って言葉を平然と出してきた時は笑うしかなかった。

 

主人公の右腕に寄生したミギーは寄生生物の中でも特に魅力的。奴は主人公の近くに存在しながら最後まで寄生生物らしさを失わなかった点が凄く良かった。生まれて、本能に従って寄生を始め、近くにいた主人公に寄生し、共に過ごす中で人間を知り、最終的に主人公と良き友になったけど、それでも奴は最初から最後まで寄生生物らしくて、凄く魅力的な存在だった。出てくる言葉も良いんだ・・・。恐ろしくも実に愛らしい隣人だと思う。現実で遭遇したら?そりゃ命を諦めるよ。

 

主人公も人間らしくて良い。突然寄生されて、人間らしい悩みを抱いて、気づいたら事件に巻きこまれて、否応無しに寄生が進んで寄生生物の価値観が入りこんできて、変化してしまったことに無自覚だったけど「鉄でできてるんじゃないのか」「人間じゃない」「誰だ?おまえ・・・」等の言葉の数々で寄生生物の価値観が入りこんできた事を自覚してからは葛藤の連続で・・・。それから色々なことを経験して1匹の人間に成長したんだけど、人間と寄生生物の境界で揺れる姿は凄く惹かれるモノだった。

 

哲学的なテーマや人間社会の動きも面白かった。

 

哲学的なテーマに関しては少し考えさせられた。でもまあ、俺は考えても”興味ねえ”に行きついちゃう人間だから”面白いこと言うね”で終わっちゃうんだけれども。

 

人間社会の動きは実にそれっぽくて良かった。ちょっとした事件から寄生生物の存在を疑うようになって、民間では噂話から新しい妖怪扱いで玩具にする。事件から実態を把握していた政府関係者は『寄生生物は頭に寄生してて、髪の毛を抜くことで寄生生物であるか確認できる』と噂を流して確認方法を一般市民に流行らせる。本当に寄生生物が現れたら、こんなことになりそうな気はするよね。

 

主題・世界観・雰囲気を大切にしているのか、流れが自然で生々しい場面や言葉を違和感なく楽しめる点も良かった。良いSFは現実感があるから凄い。土台になる設定がしっかりしてるのかな。こういう作品は何度読んでも楽しめそう。

漫画『マルドゥック・スクランブル』全7巻を一気読みした感想

漫画『マルドゥック・スクランブル』は少女娼婦バロット・ネズミ型万能兵器ウフコック・委任事件担当捜査官イースターと、オクトーバー社の汚れ仕事を引き受けるシェル・ボイルドの戦いを描く小説の漫画版。

面白かった。

 

主人公と相棒の出会い、主人公の変化から葛藤、成長を経て最高潮へ・・・といった感じで緩みもなく好ましい作品だった。

 

特に終盤のカジノは良かった。幕引き一歩手前の場面だけど、俺にとってはカジノの場面が最高潮だった。最初の頃は未熟と精神崩壊を併せ持つ危険な存在だった主人公の成長、そこから出た言葉、魅力的な登場人物達、場の緊張感、最終決戦を予感させる流れ、良いところが沢山あった。そりゃもう驚くくらい興奮したね。小説も劇場版も見たことないけど、あの場面は小説でも劇場版でも最高潮に違いない。

 

世界観や登場人物も全体的に良かった。SFらしい技術や能力は素敵の一言。それらを違和感なく楽しめて、妙な納得感まで付いてくるんだから良いもんだ。登場人物も魅力的で記憶に残りやすい。

 

ただ、明確な敵として主人公に襲いかかった連中は少し違ったかな。全体的に魅力不足で物足りなかった。彼等は落ち着いて考えたら魅力的な敵なんだけど、読んでいるときに魅力を感じたのはボイルドくらいで、変態で悪党なボス達すら微妙な位置で、他の人物は薄っぺらいものだった。最終的に『彼等も人間だったんだな』程度の印象を持って終わった。

 

設定は魅力的なものだったし、原作の問題ではないと思う。絵を担当した人は『マルドゥック・スクランブル』がデビュー作で、連載が続くにつれて成長したと言われているくらいだから、単純にデビュー作ゆえの能力不足から魅力を表現しきれなかったのかもしれない。思い出してみれば、その魅力を感じられそうなコマ、表現しようとしているようなコマは存在してる。だから、もっと上手く描写してくれていたら最高に魅力を感じたかもしれない。俺にそのコマから彼等の魅力を感じ取る能力が無かった可能性も大いにある。何にせよ残念な部分だった。 俺は敵も魅力的なキャラクターであってほしいんだ・・・。

 

最後に主人公について書いておこうと思う。漫画版は絵柄が柔らかめで女性は可愛らしく、主人公は少女って印象が強かったんだけど、このへんは原作を読んだ人からすると違和感があって、本当に小説と同一人物なのか疑いたくなる部分らしい。俺も原作の絵と劇場版の絵を見た後だと、漫画版は可愛らしく描かれてるんだなって思ったし、十分に理解できる話ではある。でもまあ、俺は原作を知らないまま読んだし、可愛い存在は素直に好ましいと思う単純な人間だから違和感なく楽しむことができた。もし漫画版から入るのなら問題はないだろう。

漫画『アポカリプスの砦』全10巻を一気読みした感想

漫画『アポカリプスの砦』は青少年矯正施設『松嵐学園』の面々と突然現れたゾンビの戦いを描くゾンビ系パニックアクション漫画。

アポカリプスの砦(1) (月刊少年ライバルコミックス)[Kindle版]

凄く勢い任せなんだけど最高に面白い変な漫画。

 

謎の鮫映画を見せられた時のような気分だった。勢いよく始まり、勢いよく進み、勢いのまま終わった。オリンピックの開会式が終わって最初の競技が始まったと思った途端に世界新記録が出て閉会式もなく突然オリンピックが終わった、と言いたくなるくらい勢い任せに進む。

 

勢い任せに進むもんだから説明不足・描写不足は当たり前くらいの作品なんだけど、続きが気になって仕方がなくて、どんどん読んでたら勢い任せに幕引きに入って「終わるのかよ!」と1人で突っこみながら妙な興奮と満足感を得つつ読み終える羽目になった。

 

まず無実の罪で松嵐学園にぶちこまれる主人公は同部屋の曲者達と出会い、そうこうしているうちにゾンビが現れて開戦、出会ってしまった主役達の腐れ縁からの友情、噛み合いすぎている状況・台詞・絵のセット、そして奇妙な魅力があるゾンビ達を楽しんでいたら勢い任せに終わる。

 

もうね、わけわからん。

 

主役達は設定からして”ぶっとんでいる”の一言だし、それなのに妙に人間的で魅力的だし、なんかもう台詞が最高で状況や絵と合いすぎてて心情が伝わってくるな感覚があるし、なんかもう叫びたかった事を既にキャラクターが叫んでたりするし、ゾンビ連中はもっと種類がいたら最高だったけど十二分にキモかったし、戦法は終始汚えわ父ちゃんしてる父ちゃんは最後まで父ちゃんだわ息子君はもう表現し難い存在になってるわ・・・。

 

超を付けたくなるくらい面白かったけど一体なんだったんだろう。1巻読んで最後まで勢いに乗ろうと思えたら絶対に楽しめると思う。

アポカリプスの砦(1) (月刊少年ライバルコミックス)[Kindle版]

漫画『クロノクルセイド』全8巻を一気読みした感想

漫画『クロノクルセイド』は悪魔を退治することを専門とする超宗教組織「マグダラ修道会」に所属する悪魔祓いの修道女ロゼットと助手の悪魔クロノの物語を描くアクション・ファンタジー漫画。

良い少年漫画だった。小さい頃に読みたかったな。

 

少年漫画らしくロゼットの弟を探しながら読者に少しずつ謎を明かしていく展開で始まって、緩みもなく話が進み山場に到達、情報が一気に明かされながら素敵な幕引きへ超特急といった感じだった。実に好ましいね!

 

主人公達は魅力的だし話も良い。凄くグッとくる台詞や場面がある。ちょっと古い絵柄だなって印象があるけど悪いものじゃない。惑星のさみだれも同じだったけど、二週目で面白いと感じる漫画だったから良い漫画だと思う。

 

ただ、展開を見せる技術の問題なのか、少し違和感を感じることもあった。急いでいるように感じる事もあった。そのせいなのか、一周目は悪役に魅力を感じなくて存在を薄く感じちゃったりして物足りなかった。二週目はそんなことなかったけどね。強く気になる程じゃないけど気になる人は気になるかも。

 

そんなこんなで、一周目だと楽しみきれないと思う。俺は物足りなかった。でも二週目に入ったら凄く良かった。読むなら念のため二週してほしいな。

アニメも最後は大きく違うけど他は原作と同じ展開で面白いって話だったから、気に入ったのならアニメも楽しめるかもしれない。そのうち視聴する予定。

漫画『蟲師』全10巻を一気読みした感想

漫画『蟲師』は「蟲師」を生業とする主人公「ギンコ」が、様々な「蟲」によって引き起こされる事象に対峙していく物語。基本1話完結の各話20-30Pで各巻に5話入っている。蟲を大雑把に伝えるなら超自然妖怪的な存在かな。

最高に面白い。

 

不思議で幻想的な世界観の中で、不思議で幻想的な話が展開される。一話を読み終えるごとに、ちょっと落ち着いて、一度想像を膨らませてみて、満足したら次を読みたくなるような、奇妙で心地よい余韻がある。

 

身近に感じる舞台だから、ファンタジーだけど別世界ではなく現実の延長線上といった感覚の興奮もある。まるで昔話や民話を読んだ時のような感覚と表現すれば伝わるだろうか。

 

風の谷のナウシカもそうだけど、こういう大自然を感じる作品は本当に読んでいて楽しい。行ってみたくなるし、見てみたくなるし、知ってみたくなるし、その世界で生きてみたくなる。子供心を忘れないって大事。

 

個人的に超を付けたいくらい気に入った。

ちなみに、アニメも同様に良い。いきなり購入はな~って考えてるなら、先にアニメを視聴してからでも良いと思う。アニメだけっていうのも十二分な選択肢。あと、単行本で買うと良いと思う。この作品は作風的に風情も大事だと思うんだ。

漫画『うさぎドロップ』全10巻を一気読みした感想

漫画『うさぎドロップ』は、祖父の隠し子で6歳のりんを育てると決心した、衣料品メーカーに務める”30歳・独身”な男の物語。

具体的な説明を求められると上手に説明できないんだけど面白かった。

 

主人公は本当に普通の30代独身男性といった感じだった。そんな主人公が戸惑いながらも頑張って子育てをしている姿は興味深いものだった。子育てっていったら自分が育てられた記憶しかないからな!

 

だがしかし。

 

第二部の始まる4巻頃から雲行きが怪しくなる。頑張ってネタバレを避けつつ雲行きの内容を伝えよう。創作と現実は違うと思いつつも、現実で認められない事が創作の世界で起こると許容できない人間なら怒ったり引いたり貶したりする展開になる。特に30代以上になると一気に厳しくなるだろう。

 

このへんの事については、実際にそうした言動を見たことがあるし、そうした言動を選んでしまうことを理解することもできる。同時に「冷静になれよ。これは20代女性の心を掴んでいる月刊誌の漫画だぞ」と言いたくもなるけれども。

 

そういう理由で、自身の性質に自信がないのなら、買うことは勧めない。俺は楽しめたけど、そういう人に勧められる作品ではない。興味を持つまで勧めようとは思わないし、仮に興味を持ったとしたら『ネタバレを読んで知ってから読む』と『買わないで漫画喫茶で読む』の2重の保険を前提に読むことを勧めたいくらいだ。念には念を入れねばな。

ちなみに、アニメならそんな心配はない。第一部で終わる全11話の構成だからね。そういうわけで『うさぎドロップ』を人に勧めるなら原作の注意点を伝えた上でアニメを勧めるかな。

www.usagi-drop.tv

漫画『男子高校生の日常』全7巻を一気読みした感想

漫画『男子高校生の日常』は良い意味で馬鹿なノリを持つ男子高校生達を主役にした日常系ギャグ漫画。作中にて男子高校生達から変な女どころではなく「かなり危険な女」「相当ヤバい女」「ぶっちぎりでイカれた女」と表されるカワイイ女の子とは一線を隠す女子高生達が登場するエピソードもある。

大爆笑って程じゃなかったけど面白かった。良い気分になれた。

 

こいつは男子高校生の愛すべき馬鹿達のグダグダとした日常に浸ることができる良い漫画だ。学生次代にこんな奴等いたな、こんなことやったなって事柄も出てきたりして、ちょっと現実感があるし、こんな奴等もいるだろうなーって想像できて良い気分になれる。

 

女子高生達が登場するエピソードも面白い。個性的な彼女達と同じく個性的な男子高校生達の絡みは”ぶっ飛んでいる”の一言で、グダグダな日常の中で良い刺激になっている。男も女も馬鹿ばっかりだ!

 

さて『男子高校生の日常』はギャグ系の漫画だから笑いの相性が重要になる。いつまで見れるか分からないけど、アニメの公式HPに第一話無料配信中の表示があったから、アニメの第一話を見て購入を検討すべし。

何気に大切なことなんだけど、各話のタイトルにのオチから続く1コマが描かれていることがある。あそこを含めて面白い話もあるから見逃せない。あの1コマでエピソードの価値が上がる。もし読む気なら覚えておいてくれよ!